オリゴ糖の効果的な使い方

オリゴ糖のメリットや摂取のタイミングについて紹介してきます。

摂取量はどれくらい?

By on 2016年09月13日

摂取量はどれくらいでしょうか。摂りすぎて副作用の心配はないのでしょうか。オリゴ糖の摂取目安量はオリゴ糖の種類によって違います。ラフィノースは3g、イソマルトオリゴ糖は10g、ガラクトオリゴ糖は5g、フラクトオリゴ糖は3g、乳化オリゴ糖は5g程度です。ラフィノースは天然のオリゴ糖で、それ以外は乳製品やショ糖などを酵素分解するなどして作っています。いろいろなオリゴ糖を試して自分にもっとも合ったものを見つけてみましょう。

一度に大量に摂取するとお腹がゆるくなることがあるので、お腹の調子を見ながら量を調整してください。最初は少ない量から摂取して、変化がないようだったら徐々に量を増やします。お腹の調子が悪くなるようなら、摂取をやめるか1日何度かに分けて摂ります。

粉末やシロップになったオリゴ糖以外にも食べものに含まれています。オリゴ糖を多く含む食べものには、たまねぎ、ごぼう、バナナ、きなこなどがあります。食品に含まれるオリゴ糖は100gあたりバナナは0.3g、たまねぎは2.3gとそれほど多くないので、摂取量に神経質になる必要はありません。一つの食品から便秘解消が期待できる量を摂るのは難しいので、いろいろな食品から摂取しましょう。