オリゴ糖の効果的な使い方

オリゴ糖のメリットや摂取のタイミングについて紹介してきます。

摂取のタイミング

By on 2016年09月07日

ヨーグルトの場合は胃酸が薄まっているときに摂るとよいといわれていますが、オリゴ糖にも摂取のタイミングがあるのでしょうか。オリゴ糖の摂り方に決まりはありません。熱によって変性しないので、加熱料理に使用したりコーヒーなど温かい飲み物に加えても良いでしょう。

たとえば、コーヒーの砂糖代わりに使うのもよいでしょう。砂糖は悪玉菌の大好物です。砂糖を大量に摂取していると、腸内の悪玉菌が増えて便秘になってしまいますが、オリゴ糖は善玉菌だけのエサになるので、砂糖の代わりにオリゴ糖を使えば善玉菌が増えて悪玉菌を減らすことができます。低カロリーな甘味料ですので煮ものの砂糖代わりにも良いでしょう。ただし、砂糖に比べて甘味が少ないので、お菓子作りには向いていません。

いつ摂ってもよいのですが、オリゴ糖の効果を高めるなら他の食品と一緒に摂ることがおすすめです。ヨーグルトや味噌など乳酸菌を含んだ食品と一緒に摂ると相乗効果が期待できます。無糖ヨーグルトの甘味つけにすると、乳酸菌との相乗効果が期待できます。食物繊維も善玉菌のエサになるので、食物繊維が豊富な野菜や海藻などを取り入れた食事にオリゴ糖を加えるのも良いでしょう。

時間帯もいつでもよいです。人それぞれ体質が違うので自分に合った時間を見つけてください。